外装リフォームなら日本全国対応のぴたっと外壁まで


福建外壁塗装 I様邸 ガイナ塗料施工事例

外壁塗装の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装  ベランダ防水 断熱塗料ガイナ 築 15 年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥1,290,000
ハウスメーカー 福建ホーム株式会社
【掲載番号 2018050074 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁:22-80L 付帯部: 15-30B 軒天: N-87 )


nishiyama

nishiyama

日進産業「断熱塗料ガイナ」 塗装です。



外壁塗装工事 施工前


nishiyama

nishiyama



足場設置


nishiyama
施工中です。

nishiyama
設置完了です。


仮設足場設置工事です。作業の安全性を確保することは勿論のこと
近隣への塗料飛散なども防止するために必要な工事です。


 

サイディング工事


nishiyama
施工前です。

nishiyama
浮き直しです。

 


nishiyama
パテです。

nishiyama
完了です。


日本の家屋の実に70%以上の建物に窯業サイディングが使われています。この窯業系サイディング毎日伸び縮みしているのはご存知でしょうか? 「トースト現象」と言って昼間直射日光にさらされる部分はサイディング事態が熱を帯び温度の上昇とともに膨張します。日が沈み夜になると熱せられたサイディングが冷えてくると今度は元の大きさに戻っていきます。 こうした現象からサイディングを固定している金物や釘が緩んでいきサイディングの浮き上がりの原因となります。また浴室の窓下や北面には湿気が溜まりやすく適切な防水処理、 通気が取れていないとサイディング事態が慢性的に水分を含むことで外壁材事態の劣化がひどい場合には部分的な張替えも必要となる場合があります。



 

コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) ジョイントエンペラー 使用


nishiyama
施工前です。

nishiyama
既設撤去します。

 


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
コーキング充填します。

 


nishiyama
へらで押さえ込みます。
nishiyama
完了です。

 

nishiyama nishiyama
使用前です。 使用後です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入です。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌です。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。

 



人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。


 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( 断熱塗料ガイナ )


nishiyama
サーフ塗布です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。



 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 


nishiyama
完了です。
 


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。


 

付帯部塗装(鼻隠し塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒樋の付いている部分を鼻隠し(ハナカクシ)と言います。鼻隠しは軒樋に隠れるため比較的劣化しにくい場所ですが木製の場合は塗装してもすぐに劣化してしまうため、この部分については塗装よりも ガルバリウム鋼板などでカバー工法を用いることで、より長持ちさせることが可能です。予算的にもそれほど高額ではないためカバー工法をおすすめします。

 

付帯部塗装 (破風塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


切妻の建物の妻側を破風(ハフ)と言います。 文字とおり風を破ると書きますのでそれだけ風当たりが強く風雨、紫外線にさらされるため劣化も著しい場合が多く見受けられます。 築年数の古い建物には木製のものが多く最近では窯業サイディング系や金属系もあります。木製の場合造膜系の塗料ではすぐに剥がれてしまうため専用の塗料で塗装する必要がありますがそれでも劣化が早いためガルバリウム鋼板などで包むことをお薦めします。


 

付帯部塗装(シャッターボックス塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。


 

付帯部塗装 (帯塗装)


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 


nishiyama
完了です。
 


帯に使われている材質も様々ですので塗装できる場合とそうでない場合も存在します。 この部分は裏側に水が回りやすく適切な処置を施した後に塗装が必要です。また劣化が激しい場合などは交換や上から被せるカバー工法などをおすすめします



 

材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
下地処理剤です。

nishiyama
仕上げ塗料です。

 



官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
 I様邸 では 日進産業「断熱塗料ガイナ」 塗料を使用しました。


 


ベランダ防水工事


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
トップコート塗布です。

 


nishiyama
完了です。
 

 

   


防水工事には大きく分けて密着工法と絶縁工法が有り、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水、FRP防水など様々です。どれが優れているということではなく新築時にどのような材料、工法で施工されているかによってリフォームする際にまた劣化の状態や勾配の有無によってもリフォームの手段が変わってきますので表面だけ綺麗にする場合と下地から作りなおす場合と工事は選別されます。ベランダでは通常必要ありませんが面積が大きくなると脱気筒と言われる空気抜きが必要になる場合もあります。


 

外壁塗装工事   完成


nishiyama

nishiyama
外壁塗装工事 完成です。

I様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

外装リフォーム工事 B様 ガイナ塗料施工事例

外装リフォーム工事の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装 屋根塗装 付帯部板金 断熱塗料ガイナ 築 30 年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥1,400,000
ハウスメーカー 工務店
【掲載番号 2018090051 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁① 32-90D 付帯部: 15-20B(茶) 軒天: N-87 )


nishiyama

日進産業「断熱塗料ガイナ」 塗装です。



外壁塗装工事 施工前

nishiyama




 

サイディング工事


nishiyama
施工前です。

nishiyama
浮き直しです。

 


nishiyama
パテです。

nishiyama
完了です。


日本の家屋の実に70%以上の建物に窯業サイディングが使われています。この窯業系サイディング毎日伸び縮みしているのはご存知でしょうか? 「トースト現象」と言って昼間直射日光にさらされる部分はサイディング事態が熱を帯び温度の上昇とともに膨張します。日が沈み夜になると熱せられたサイディングが冷えてくると今度は元の大きさに戻っていきます。 こうした現象からサイディングを固定している金物や釘が緩んでいきサイディングの浮き上がりの原因となります。また浴室の窓下や北面には湿気が溜まりやすく適切な防水処理、 通気が取れていないとサイディング事態が慢性的に水分を含むことで外壁材事態の劣化がひどい場合には部分的な張替えも必要となる場合があります。



 

コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) ジョイントエンペラー 使用


nishiyama
施工前です。

nishiyama
マスキング貼です。

 


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
コーキング充填します。

 


nishiyama
へらで押さえ込みます。

nishiyama
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入です。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌です。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。


 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( 断熱塗料ガイナ )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
シーラー塗布です。

 


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 

nishiyama
完了です。

現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。


 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。


 

付帯部塗装(鼻隠し塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒樋の付いている部分を鼻隠し(ハナカクシ)と言います。鼻隠しは軒樋に隠れるため比較的劣化しにくい場所ですが木製の場合は塗装してもすぐに劣化してしまうため、この部分については塗装よりも ガルバリウム鋼板などでカバー工法を用いることで、より長持ちさせることが可能です。予算的にもそれほど高額ではないためカバー工法をおすすめします。


 

付帯部塗装(雨戸塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨戸はフレームがアルミ、波板部分が鉄製という構造が一般的です。鋼板部分はケレン作業(目荒し)の後、サビが出ている場合は錆止め処理を行った後、仕上げ塗装に入ります。 表面が平滑なため刷毛ムラを出さないように吹き付け塗装をすることが一般的です。但しアルミ部分は基本的に塗装ができないためフレームはそのまま使用します。 シャッターの場合は上げ下げの際に鉄部同士が擦れるため特別な要望のない限り塗装はしません。シャッターボックスのみ塗装します。


 

付帯部塗装(庇塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


庇は鋼板製のものが多く、雨戸やシャッターボックスと同様に塗装します。中には雨だれが庇の上に落ちて「トントン」という音が気になる場合は特殊な塗料を使用することで不快な音を軽減することが可能です。時々ハウスメーカーに見られる 塩ビ鋼板を使用している場合は通常の下処理では剥離の原因となるため専用のプライマー処理をした後に塗装をします。


 

屋根塗装 ( 断熱塗料ガイナ )


nishiyama
シーラー塗布です。

nishiyama
シーラー塗布完了です。

 


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 

nishiyama
完了です。


屋根材には陶器瓦、金属瓦、セメント瓦、スレート瓦などがありますが、カラーベストはスレート屋根材に分類されます。施工には一般的に塗装が用いられるケースが多く見受けられますが注意点がいくつもあります。 洗浄後の下処理が万全に行われていないと数年で塗膜が剥がれてきます。また塗装することでカラーべストとカラーベストの間の通気層が塞がれてしまうことで屋根裏の湿気を外部に排出することができなくなり下地が腐ってしまう場合もあります。 こうした不具合を避けるためタスペーサ等を用いて通気層を確保した後塗装をする必要があります。 またカラーベストの中には塗装できない(塗装しても基材から剥がれてしまう)ものも存在しますのでどのようなメーカーのものが使用されているかなどの確認作業も必要です。 近年ではノンアス(アスベストを使用していない)タイプのスレート瓦が使われていますが以前はアスベストが含有されているものが主流でしたので葺き替えなどの際には廃棄処分にも注意が必要です。



 

材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
仕上げ塗料です。

nishiyama
仕上げ塗料です。

 


nishiyama
下地処理剤仕上げ塗料です。

nishiyama
下地処理剤仕上げ塗料です。


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
B様邸 では 日進産業「断熱塗料ガイナ」 塗料を使用しました。



 

外装リフォーム工事   完成


nishiyama
外装リフォーム工事 完成です。

B様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

外装リフォーム工事 H様邸 シリコン塗料施工事例

外装リフォーム工事の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装 付帯部板金 ファインシリコンフレッシュ 築 20 年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥1,490,000
ハウスメーカー 工務店
【掲載番号 2018030027 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁 ①22-40B ②N-20 ③22-70B 付帯部: 15-20B(茶) 軒天:N-87 )


nishiyama

nishiyama

日本ペイント株式会社「ファインシリコンフレッシュ」 塗装です。



外壁塗装工事 施工前


nishiyama

nishiyama




 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。


 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( ファインシリコンフレッシュ )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
錆び止め塗布です。

 


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 


nishiyama
 
完了です。  


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。


 

外壁塗装② ( ファインシリコンフレッシュ )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
錆び止め塗布です。

 


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。
nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 

nishiyama  
完了です。  



 

外壁塗装③ ( ファインシリコンフレッシュ )

nishiyama nishiyama
施工前です。 シーラー塗布です。

 

nishiyama nishiyama
仕上げ塗装1回目です。 仕上げ塗装2回目です。

 

nishiyama  
完了です。  



 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。


 

付帯部塗装(鼻隠し塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒樋の付いている部分を鼻隠し(ハナカクシ)と言います。鼻隠しは軒樋に隠れるため比較的劣化しにくい場所ですが木製の場合は塗装してもすぐに劣化してしまうため、この部分については塗装よりも ガルバリウム鋼板などでカバー工法を用いることで、より長持ちさせることが可能です。予算的にもそれほど高額ではないためカバー工法をおすすめします。


 

付帯部塗装(雨戸塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨戸はフレームがアルミ、波板部分が鉄製という構造が一般的です。鋼板部分はケレン作業(目荒し)の後、サビが出ている場合は錆止め処理を行った後、仕上げ塗装に入ります。 表面が平滑なため刷毛ムラを出さないように吹き付け塗装をすることが一般的です。但しアルミ部分は基本的に塗装ができないためフレームはそのまま使用します。 シャッターの場合は上げ下げの際に鉄部同士が擦れるため特別な要望のない限り塗装はしません。シャッターボックスのみ塗装します。

 

付帯部塗装(庇塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


庇は鋼板製のものが多く、雨戸やシャッターボックスと同様に塗装します。中には雨だれが庇の上に落ちて「トントン」という音が気になる場合は特殊な塗料を使用することで不快な音を軽減することが可能です。時々ハウスメーカーに見られる 塩ビ鋼板を使用している場合は通常の下処理では剥離の原因となるため専用のプライマー処理をした後に塗装をします。

 

付帯部塗装 (帯塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


帯に使われている材質も様々ですので塗装できる場合とそうでない場合も存在します。 この部分は裏側に水が回りやすく適切な処置を施した後に塗装が必要です。また劣化が激しい場合などは交換や上から被せるカバー工法などをおすすめします


 

材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
仕上げ塗料です。

nishiyama
仕上げ塗料です。

 


nishiyama
下地処理剤です。
 


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
H様邸 では 日本ペイント株式会社「ファインシリコンフレッシュ」 塗料を使用しました。
 


 

板金工事(破風・鼻隠し)

nishiyama
施工前です。
nishiyama
完了です。

 

nishiyama
施工前です。
nishiyama
完了です。


破風や鼻隠しといった部分は風雨にさらされ劣化が激しい場合が多く塗装してもすぐに剥がれてしまう傾向にあります。木製の場合や窯業系サイディングなどで作られていることが多く見られますが木製の場合通常の塗料ではすぐに剥がれてしまい基本的に塗装はできません。木製部材専用の塗料もありますがそれでも長年美観を保持することは難しくできればガルバリウム鋼板などで包むカバー工法を施工することをお薦めします。


 

外装リフォーム工事   完成


nishiyama

nishiyama
外装リフォーム 完成です。

H様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

外壁・屋根塗装 O様邸 無機塗料施工事

外壁・屋根塗装の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装  屋根塗装 スーパームキコート 築 21 年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥2,200,000
ハウスメーカー 刈谷市   セキスイハイム
【掲載番号 2018050012 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁:19-30D 付帯部: N-30 軒天: N-87 )


セキスイハイム

セキスイハイム

ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗装です。



外壁塗装工事 施工前


セキスイハイム

セキスイハイム





コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) ジョイントエンペラー 使用


セキスイハイム
施工前です。

セキスイハイム
既設撤去します。

 


セキスイハイム
プライマー塗布します。

セキスイハイム
コーキング充填します。

 


セキスイハイム
へらで押さえ込みます。

セキスイハイム
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


セキスイハイム
バイオ洗浄原液混入です。

セキスイハイム
バイオ洗浄原液撹拌です。

 


セキスイハイム
バイオ洗浄塗布です。

セキスイハイム
高圧洗浄します。

 


セキスイハイム
バイオ洗浄塗布です。

セキスイハイム
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。


 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( スーパームキコート )


セキスイハイム
施工前です。

セキスイハイム
サーフ塗布です。

 


セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。

 


セキスイハイム
 
完了です。  


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。



 

付帯部塗装(軒天塗装)


セキスイハイム
ケレン作業です。

セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 


セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。

セキスイハイム
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


セキスイハイム
ケレン作業です。

セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 


セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。

セキスイハイム
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。



 

付帯部塗装 (破風塗装)


セキスイハイム
ケレン作業です。

セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 


セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。

セキスイハイム
完了です。


切妻の建物の妻側を破風(ハフ)と言います。 文字とおり風を破ると書きますのでそれだけ風当たりが強く風雨、紫外線にさらされるため劣化も著しい場合が多く見受けられます。 築年数の古い建物には木製のものが多く最近では窯業サイディング系や金属系もあります。木製の場合造膜系の塗料ではすぐに剥がれてしまうため専用の塗料で塗装する必要がありますがそれでも劣化が早いためガルバリウム鋼板などで包むことをお薦めします。


 

付帯部塗装(シャッターボックス塗装)


セキスイハイム
ケレン作業です。

セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 


セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。

セキスイハイム
完了です。


15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。

 

付帯部塗装(庇塗装)


セキスイハイム
ケレン作業です。

セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 


セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。

セキスイハイム
完了です。


庇は鋼板製のものが多く、雨戸やシャッターボックスと同様に塗装します。中には雨だれが庇の上に落ちて「トントン」という音が気になる場合は特殊な塗料を使用することで不快な音を軽減することが可能です。時々ハウスメーカーに見られる 塩ビ鋼板を使用している場合は通常の下処理では剥離の原因となるため専用のプライマー処理をした後に塗装をします。


 

付帯部塗装 (帯塗装)


セキスイハイム
ケレン作業です。

セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 


セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。

セキスイハイム
完了です。


帯に使われている材質も様々ですので塗装できる場合とそうでない場合も存在します。 この部分は裏側に水が回りやすく適切な処置を施した後に塗装が必要です。また劣化が激しい場合などは交換や上から被せるカバー工法などをおすすめします
 

 

付帯部塗装(水切り塗装)


セキスイハイム
ケレン作業です。

セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 


セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。

セキスイハイム
完了です。


水切りとはサイディングなどの外壁材を貼り付ける前に取り付ける部材で、万が一外壁材の中に水分が侵入してもサイディングの最下部から建物外部に水分を排出させるための部材です。 ガルバリウム鋼板製のものがほとんどですが取り付けられていない建物も存在します。稀に見受けられるのがこの部分にコーキングを打ってしまっている案件。良かれと思って施工したのでしょうがこれでは 逆効果どころか建物の劣化を促進させてしまう大きな要因となりますので注意して下さい。この水切りを外壁と同じ色に塗装することで手間が省けますが見た目としてはあまり宜しくありませんので手間はかかりますが刷毛で綺麗に塗装することで美観性も保たれます。


 

付帯部塗装(物置壁塗装)


セキスイハイム
ケレン作業です。

セキスイハイム
サーフ塗布です。

 


セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。

 

セキスイハイム  
完了です。  



 

付帯部塗装(物置屋根塗装)

セキスイハイム セキスイハイム
ケレン作業です。 サーフ塗布です。

 

セキスイハイム セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。 仕上げ塗装2回目です。

 

セキスイハイム  
完了です。  



 

屋根塗装 ( スーパームキコート )


セキスイハイム
施工前です。

セキスイハイム
タスペーサー挿入です。

 


セキスイハイム
シーラー塗布1回目です。

セキスイハイム
シーラー塗布2回目です。

 


セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。

 


セキスイハイム
棟塗装です。

セキスイハイム
完了です。


屋根材には陶器瓦、金属瓦、セメント瓦、スレート瓦などがありますが、カラーベストはスレート屋根材に分類されます。施工には一般的に塗装が用いられるケースが多く見受けられますが注意点がいくつもあります。 洗浄後の下処理が万全に行われていないと数年で塗膜が剥がれてきます。また塗装することでカラーべストとカラーベストの間の通気層が塞がれてしまうことで屋根裏の湿気を外部に排出することができなくなり下地が腐ってしまう場合もあります。 こうした不具合を避けるためタスペーサ等を用いて通気層を確保した後塗装をする必要があります。 またカラーベストの中には塗装できない(塗装しても基材から剥がれてしまう)ものも存在しますのでどのようなメーカーのものが使用されているかなどの確認作業も必要です。 近年ではノンアス(アスベストを使用していない)タイプのスレート瓦が使われていますが以前はアスベストが含有されているものが主流でしたので葺き替えなどの際には廃棄処分にも注意が必要です。



 

材料検収 (実際に使った材料を残します)

セキスイハイム
使用前です。

セキスイハイム
使用後です。

 


セキスイハイム
使用前です。

セキスイハイム
使用後です。

 

セキスイハイム セキスイハイム
使用前です。 使用後です。

 

セキスイハイム  
使用後です。  


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
O様邸 では ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗料を使用しました。



 

 外壁・屋根塗装 工事   完成


セキスイハイム

セキスイハイム
外壁・屋根塗装 完成です。

O様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

外壁塗装 N様邸 無機塗料施工事例

外壁塗装の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装  ベランダ防水 スーパームキコートクリヤー 築 11 年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥1,160,000
ハウスメーカー エサキホーム建築設計事務所
【掲載番号 2018070054 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁① クリヤー ② 22-85C 付帯部: 15-20B(茶) 軒天: N-87 )


nishiyama

ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗装です。



外壁塗装工事 施工前

nishiyama



足場設置


nishiyama
施工中です。

nishiyama
設置完了です。


仮設足場設置工事です。作業の安全性を確保することは勿論のこと
近隣への塗料飛散なども防止するために必要な工事です。


 

サイディング工事


nishiyama
施工前です。

nishiyama
浮き直しです。

 


nishiyama
パテです。

nishiyama
完了です。



 

サイディング工事②

nishiyama nishiyama
施工前です。 浮き直しです。

 

nishiyama nishiyama
パテです。 完了です。


日本の家屋の実に70%以上の建物に窯業サイディングが使われています。この窯業系サイディング毎日伸び縮みしているのはご存知でしょうか? 「トースト現象」と言って昼間直射日光にさらされる部分はサイディング事態が熱を帯び温度の上昇とともに膨張します。日が沈み夜になると熱せられたサイディングが冷えてくると今度は元の大きさに戻っていきます。 こうした現象からサイディングを固定している金物や釘が緩んでいきサイディングの浮き上がりの原因となります。また浴室の窓下や北面には湿気が溜まりやすく適切な防水処理、 通気が取れていないとサイディング事態が慢性的に水分を含むことで外壁材事態の劣化がひどい場合には部分的な張替えも必要となる場合があります。



 

コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) ジョイントエンペラー 使用


nishiyama
施工前です。

nishiyama
既設撤去します。

 


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
コーキング充填します。

 


nishiyama
へらで押さえ込みます。

nishiyama
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。

 


nishiyama
高圧洗浄します。
 


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。


 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( スーパームキコート )


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 


nishiyama
完了です。
 


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。


 

外壁塗装② ( スーパームキコートクリヤー )


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 


nishiyama
完了です。
 



 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 


nishiyama
完了です。
 


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。



 

付帯部塗装 (破風塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


切妻の建物の妻側を破風(ハフ)と言います。 文字とおり風を破ると書きますのでそれだけ風当たりが強く風雨、紫外線にさらされるため劣化も著しい場合が多く見受けられます。 築年数の古い建物には木製のものが多く最近では窯業サイディング系や金属系もあります。木製の場合造膜系の塗料ではすぐに剥がれてしまうため専用の塗料で塗装する必要がありますがそれでも劣化が早いためガルバリウム鋼板などで包むことをお薦めします。


 

付帯部塗装(シャッターボックス塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。


 

付帯部塗装 (帯塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


帯に使われている材質も様々ですので塗装できる場合とそうでない場合も存在します。 この部分は裏側に水が回りやすく適切な処置を施した後に塗装が必要です。また劣化が激しい場合などは交換や上から被せるカバー工法などをおすすめします


 

付帯部塗装(擁壁塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。



材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
仕上げ塗料です。

nishiyama
仕上げ塗料です。

 


nishiyama
下地処理剤仕上げ塗料です。
 


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
N様邸 では ジャパンカーボライン「スーパームキコートクリヤー」 塗料を使用しました。


 

ベランダ防水工事


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
トップコート塗布です。

 


nishiyama
完了です。
 


防水工事には大きく分けて密着工法と絶縁工法が有り、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水、FRP防水など様々です。どれが優れているということではなく新築時にどのような材料、工法で施工されているかによってリフォームする際にまた劣化の状態や勾配の有無によってもリフォームの手段が変わってきますので表面だけ綺麗にする場合と下地から作りなおす場合と工事は選別されます。ベランダでは通常必要ありませんが面積が大きくなると脱気筒と言われる空気抜きが必要になる場合もあります。


 

外壁塗装 工事   完成


nishiyama
外壁塗装完成です。

N様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

外壁・屋根塗装 H様邸 ガイナ塗料施工事例

外壁・屋根塗装の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装 屋根塗装 断熱塗料ガイナ 築 10 年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥1,850,000
ハウスメーカー  太陽ハウジング
【掲載番号 2018070006 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁① 22-85C ② 19-75D   付帯部: N-87(白) 軒天: N-87 )


nishiyama

nishiyama

日進産業「断熱塗料ガイナ」塗装です。



外壁塗装工事 施工前


nishiyama

nishiyama




 

コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) ジョイントエンペラー 使用


nishiyama
施工前です。

nishiyama
既設撤去します。

 


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
コーキング充填します。

 


nishiyama
へらで押さえ込みます。

nishiyama
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入です。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌です。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。



 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( 断熱塗料ガイナ )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
サーフ塗布です。

 


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 

nishiyama
完了です。



 

外壁塗装② ( 断熱塗料ガイナ )

nishiyama nishiyama
施工前です。 サーフ塗布です。

 

nishiyama nishiyama
仕上げ塗装1回目です。 仕上げ塗装2回目です。

 

nishiyama  
完了です。  


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。



 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。


 

付帯部塗装(鼻隠し塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒樋の付いている部分を鼻隠し(ハナカクシ)と言います。鼻隠しは軒樋に隠れるため比較的劣化しにくい場所ですが木製の場合は塗装してもすぐに劣化してしまうため、この部分については塗装よりも ガルバリウム鋼板などでカバー工法を用いることで、より長持ちさせることが可能です。予算的にもそれほど高額ではないためカバー工法をおすすめします。


 

付帯部塗装(シャッターボックス塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。


 

付帯部塗装(基礎塗装)


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 


nishiyama
完了です。
 


基礎は鉄筋コンクリート製ですがコンクリート事態は水を吸いますので慢性的な水分吸収があるとコンクリート内にある鉄筋が腐食し錆による鉄筋の膨張により基礎の爆裂が起きる危険性があります。 こうした現象をコンクリートの中性化と言い本来コンクリートはアルカリ性ですが酸性雨や水分による鉄筋の腐食でアルカリ性からpH値が下がることで急激に強度を失ってしまいます。 こうした現象を少しでも抑えるように基礎コンクリートの表面保護として専用の塗装工事が必要となるのですね。

 

付帯部塗装(水切り塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


水切りとはサイディングなどの外壁材を貼り付ける前に取り付ける部材で、万が一外壁材の中に水分が侵入してもサイディングの最下部から建物外部に水分を排出させるための部材です。 ガルバリウム鋼板製のものがほとんどですが取り付けられていない建物も存在します。稀に見受けられるのがこの部分にコーキングを打ってしまっている案件。良かれと思って施工したのでしょうがこれでは 逆効果どころか建物の劣化を促進させてしまう大きな要因となりますので注意して下さい。この水切りを外壁と同じ色に塗装することで手間が省けますが見た目としてはあまり宜しくありませんので手間はかかりますが刷毛で綺麗に塗装することで美観性も保たれます。


 

付帯部塗装(擁壁塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。



屋根塗装 ( 断熱塗料ガイナ )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
タスペーサー挿入です。

 


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
棟塗装です。

 


nishiyama
シーラー塗布1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


屋根材には陶器瓦、金属瓦、セメント瓦、スレート瓦などがありますが、カラーベストはスレート屋根材に分類されます。施工には一般的に塗装が用いられるケースが多く見受けられますが注意点がいくつもあります。 洗浄後の下処理が万全に行われていないと数年で塗膜が剥がれてきます。また塗装することでカラーべストとカラーベストの間の通気層が塞がれてしまうことで屋根裏の湿気を外部に排出することができなくなり下地が腐ってしまう場合もあります。 こうした不具合を避けるためタスペーサ等を用いて通気層を確保した後塗装をする必要があります。 またカラーベストの中には塗装できない(塗装しても基材から剥がれてしまう)ものも存在しますのでどのようなメーカーのものが使用されているかなどの確認作業も必要です。 近年ではノンアス(アスベストを使用していない)タイプのスレート瓦が使われていますが以前はアスベストが含有されているものが主流でしたので葺き替えなどの際には廃棄処分にも注意が必要です。



 

材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
使用前です。

nishiyama
使用後です。

 


nishiyama
使用後です。

nishiyama
使用前です。

 

nishiyama nishiyama
使用後です。 使用後です。


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
 H様邸 では 日進産業「断熱塗料ガイナ」 塗料を使用しました。



 

外壁・屋根塗装 工事   完成


nishiyama

nishiyama
外壁・屋根塗装 完成です。

 H様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

外壁塗装 A様邸 無機塗料施工事例

外壁塗装の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装  スーパームキコート
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥1,700,000
ハウスメーカー 植村産業株式会社
【掲載番号 2018080024 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁: 25-70B 付帯部: N-15(黒) 軒天: N-87 )


nishiyama

ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗装です。


外壁塗装工事 施工前


nishiyama




 

コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) ジョイントエンペラー 使用


nishiyama
施工前です。

nishiyama
プライマー塗布します。

 


nishiyama
コーキング充填します。

nishiyama
へらで押さえ込みます。

 


nishiyama
マスキング撤去です。

nishiyama
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。



 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入です。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌です。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。

 

nishiyama
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。



 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( スーパームキコート )


nishiyama
シーラー塗布です。

nishiyama
サーフ塗布です。

 


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 

nishiyama
完了です。

現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。


 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。



 

付帯部塗装 (鼻隠し塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒樋の付いている部分を鼻隠し(ハナカクシ)と言います。鼻隠しは軒樋に隠れるため比較的劣化しにくい場所ですが木製の場合は塗装してもすぐに劣化してしまうため、この部分については塗装よりも ガルバリウム鋼板などでカバー工法を用いることで、より長持ちさせることが可能です。予算的にもそれほど高額ではないためカバー工法をおすすめします。


 

付帯部塗装(シャッターボックス塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。

 

付帯部塗装(庇塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


庇は鋼板製のものが多く、雨戸やシャッターボックスと同様に塗装します。中には雨だれが庇の上に落ちて「トントン」という音が気になる場合は特殊な塗料を使用することで不快な音を軽減することが可能です。時々ハウスメーカーに見られる 塩ビ鋼板を使用している場合は通常の下処理では剥離の原因となるため専用のプライマー処理をした後に塗装をします。


 

付帯部塗装(水切り塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


水切りとはサイディングなどの外壁材を貼り付ける前に取り付ける部材で、万が一外壁材の中に水分が侵入してもサイディングの最下部から建物外部に水分を排出させるための部材です。 ガルバリウム鋼板製のものがほとんどですが取り付けられていない建物も存在します。稀に見受けられるのがこの部分にコーキングを打ってしまっている案件。良かれと思って施工したのでしょうがこれでは 逆効果どころか建物の劣化を促進させてしまう大きな要因となりますので注意して下さい。この水切りを外壁と同じ色に塗装することで手間が省けますが見た目としてはあまり宜しくありませんので手間はかかりますが刷毛で綺麗に塗装することで美観性も保たれます。


 

材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
下地処理剤仕上げ塗料です。

nishiyama
下地処理剤仕上げ塗料です。

 

nishiyama
仕上げ塗料です。


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
A様邸 では ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗料を使用しました。


 

外壁塗装 工事   完成


nishiyama
外壁塗装 完成です。

A様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

外装リフォーム工事 K様邸 無機塗料施工事例

外装リフォーム工事の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装 ベランダ防水 屋根カバー工法 スーパームキコート 築15 年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥2,320,000
ハウスメーカー フジケン一級建築事務所
【掲載番号 2018030013 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁① 22-80H ② クリヤー 付帯部:22-50B 軒天:N-87 )


nishiyama

nishiyama
ホームページ からお問合わせです。

外壁塗装 ベランダ防水 屋根カバー工法/重ね葺き の 安城市 大東町 フジケン一級建築事務所 K様邸 です。

ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗装です。



外壁塗装工事 施工前


nishiyama

nishiyama



足場設置


nishiyama
施工中です。

nishiyama
設置完了です。


仮設足場設置工事です。作業の安全性を確保することは勿論のこと
近隣への塗料飛散なども防止するために必要な工事です。


 

サイディング工事


nishiyama
施工前です。

nishiyama
浮き直しです。

 


nishiyama
パテです。

nishiyama
完了です。


日本の家屋の実に70%以上の建物に窯業サイディングが使われています。この窯業系サイディング毎日伸び縮みしているのはご存知でしょうか? 「トースト現象」と言って昼間直射日光にさらされる部分はサイディング事態が熱を帯び温度の上昇とともに膨張します。日が沈み夜になると熱せられたサイディングが冷えてくると今度は元の大きさに戻っていきます。 こうした現象からサイディングを固定している金物や釘が緩んでいきサイディングの浮き上がりの原因となります。また浴室の窓下や北面には湿気が溜まりやすく適切な防水処理、 通気が取れていないとサイディング事態が慢性的に水分を含むことで外壁材事態の劣化がひどい場合には部分的な張替えも必要となる場合があります。



コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) ジョイントエンペラー 使用


nishiyama
施工前です。

nishiyama
既設撤去します。

 


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
コーキング充填します。

 


nishiyama
へらで押さえ込みます。

nishiyama
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入です。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌です。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。



 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( スーパームキコート )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。



 

外壁塗装② ( スーパームキコートクリア )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。



 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。


 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。



 

付帯部塗装(鼻隠し塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒樋の付いている部分を鼻隠し(ハナカクシ)と言います。鼻隠しは軒樋に隠れるため比較的劣化しにくい場所ですが木製の場合は塗装してもすぐに劣化してしまうため、この部分については塗装よりも ガルバリウム鋼板などでカバー工法を用いることで、より長持ちさせることが可能です。予算的にもそれほど高額ではないためカバー工法をおすすめします。


 

付帯部塗装(シャッターボックス塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。

 

付帯部塗装(庇塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


庇は鋼板製のものが多く、雨戸やシャッターボックスと同様に塗装します。中には雨だれが庇の上に落ちて「トントン」という音が気になる場合は特殊な塗料を使用することで不快な音を軽減することが可能です。時々ハウスメーカーに見られる 塩ビ鋼板を使用している場合は通常の下処理では剥離の原因となるため専用のプライマー処理をした後に塗装をします。


 

付帯部塗装 (帯塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


帯に使われている材質も様々ですので塗装できる場合とそうでない場合も存在します。 この部分は裏側に水が回りやすく適切な処置を施した後に塗装が必要です。また劣化が激しい場合などは交換や上から被せるカバー工法などをおすすめします

 

付帯部塗装(基礎塗装)


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 


nishiyama
完了です。
 


基礎は鉄筋コンクリート製ですがコンクリート事態は水を吸いますので慢性的な水分吸収があるとコンクリート内にある鉄筋が腐食し錆による鉄筋の膨張により基礎の爆裂が起きる危険性があります。 こうした現象をコンクリートの中性化と言い本来コンクリートはアルカリ性ですが酸性雨や水分による鉄筋の腐食でアルカリ性からpH値が下がることで急激に強度を失ってしまいます。 こうした現象を少しでも抑えるように基礎コンクリートの表面保護として専用の塗装工事が必要となるのですね。

 

付帯部塗装(水切り塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


水切りとはサイディングなどの外壁材を貼り付ける前に取り付ける部材で、万が一外壁材の中に水分が侵入してもサイディングの最下部から建物外部に水分を排出させるための部材です。 ガルバリウム鋼板製のものがほとんどですが取り付けられていない建物も存在します。稀に見受けられるのがこの部分にコーキングを打ってしまっている案件。良かれと思って施工したのでしょうがこれでは 逆効果どころか建物の劣化を促進させてしまう大きな要因となりますので注意して下さい。この水切りを外壁と同じ色に塗装することで手間が省けますが見た目としてはあまり宜しくありませんので手間はかかりますが刷毛で綺麗に塗装することで美観性も保たれます。


 

材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
仕上げ塗料です。

nishiyama
仕上げ塗料です。

 


nishiyama
下地処理剤です。
nishiyama
下地処理剤です。

 

nishiyama nishiyama
下地処理剤です。 下地処理剤です。

官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
安城市 フジケン一級建築事務所 K様邸 では ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗料を使用しました。



屋根カバー工法

nishiyama nishiyama
施工前全景です。 棟撤去です。

 

nishiyama nishiyama
ルーフィングです。 屋根本体施工です。

 

nishiyama nishiyama
屋根本体施工です。 完了です。


ラーベストやコロニアルと言われるスレート葺の屋根に多く施工されます。陶器瓦やセメント瓦 からの葺き替えにも使用できます。ガルバリウム鋼板製のためサビの発生が非常に少なく一度施工すれば30年は大丈夫というすぐれものです。
また重量も非常に軽く屋根への負担も少ないのが特徴です。 表面処理に焼付け塗装が施されており高級なものはメーカーの20年赤錆保証がつくものも有ります。断熱効果の高いカバー工法を用いることで、スレート屋根にありがちな夏場の2階に熱がこもる現象も軽減できます。 ただしコストが掛かるため予算や築年数を踏まえて検討されると良いと思います。



 

ベランダ防水工事


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
プライマー塗布します。

 


nishiyama
ガラスマット貼りです。

nishiyama
樹脂塗布です。

 

w05.jpg  
完了です。  


防水工事には大きく分けて密着工法と絶縁工法が有り、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水、FRP防水など様々です。どれが優れているということではなく新築時にどのような材料、工法で施工されているかによってリフォームする際にまた劣化の状態や勾配の有無によってもリフォームの手段が変わってきますので表面だけ綺麗にする場合と下地から作りなおす場合と工事は選別されます。ベランダでは通常必要ありませんが面積が大きくなると脱気筒と言われる空気抜きが必要になる場合もあります。


 

安城市 フジケン一級建築事務所  K様邸 外壁塗装 ベランダ防水 屋根 カバー工法/重ね葺き工事 完成


nishiyama

nishiyama
外壁塗装  ベランダ防水  屋根 カバー工法/重ね葺き 完成です。

安城市   フジケン一級建築事務所   外壁塗装  ベランダ防水  屋根 カバー工法/重ね葺き   K様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

外壁屋根塗装 H様邸 シリコン塗料施工事例

外壁屋根塗装の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装  屋根塗装 シリコンフレックスⅡ 築17年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥1,000,000
ハウスメーカー 安工務店
【掲載番号 2018050019 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁① 15-40D 付帯部: N-15(黒)   軒天: N-15 )


nishiyama

nishiyama

アステックペイントジャパン「シリコンフレックスⅡ」 塗装です。



外壁塗装工事 施工前


nishiyama

nishiyama



足場設置


nishiyama
施工前です。

nishiyama
施工中です。


仮設足場設置工事です。作業の安全性を確保することは勿論のこと
近隣への塗料飛散なども防止するために必要な工事です。



 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。

 



人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。


 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( シリコンフレックスⅡ )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
サーフ塗布です。

 


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 

nishiyama  
完了です。  

 



現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。



 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。


 

付帯部塗装(鼻隠し塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒樋の付いている部分を鼻隠し(ハナカクシ)と言います。鼻隠しは軒樋に隠れるため比較的劣化しにくい場所ですが木製の場合は塗装してもすぐに劣化してしまうため、この部分については塗装よりも ガルバリウム鋼板などでカバー工法を用いることで、より長持ちさせることが可能です。予算的にもそれほど高額ではないためカバー工法をおすすめします。


 

付帯部塗装(シャッターボックス塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。


 

付帯部塗装(水切り塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


水切りとはサイディングなどの外壁材を貼り付ける前に取り付ける部材で、万が一外壁材の中に水分が侵入してもサイディングの最下部から建物外部に水分を排出させるための部材です。 ガルバリウム鋼板製のものがほとんどですが取り付けられていない建物も存在します。稀に見受けられるのがこの部分にコーキングを打ってしまっている案件。良かれと思って施工したのでしょうがこれでは 逆効果どころか建物の劣化を促進させてしまう大きな要因となりますので注意して下さい。この水切りを外壁と同じ色に塗装することで手間が省けますが見た目としてはあまり宜しくありませんので手間はかかりますが刷毛で綺麗に塗装することで美観性も保たれます。


 

屋根塗装 ( ファインパーフェクトベスト)


nishiyama
施工前です。

nishiyama
タスペーサー挿入です。

 


nishiyama
屋根棟塗装です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


屋根材には陶器瓦、金属瓦、セメント瓦、スレート瓦などがありますが、カラーベストはスレート屋根材に分類されます。施工には一般的に塗装が用いられるケースが多く見受けられますが注意点がいくつもあります。 洗浄後の下処理が万全に行われていないと数年で塗膜が剥がれてきます。また塗装することでカラーべストとカラーベストの間の通気層が塞がれてしまうことで屋根裏の湿気を外部に排出することができなくなり下地が腐ってしまう場合もあります。 こうした不具合を避けるためタスペーサ等を用いて通気層を確保した後塗装をする必要があります。 またカラーベストの中には塗装できない(塗装しても基材から剥がれてしまう)ものも存在しますのでどのようなメーカーのものが使用されているかなどの確認作業も必要です。 近年ではノンアス(アスベストを使用していない)タイプのスレート瓦が使われていますが以前はアスベストが含有されているものが主流でしたので葺き替えなどの際には廃棄処分にも注意が必要です。



 

材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
下地処理剤使用前です。

nishiyama
下地処理剤使用後です。

 


nishiyama
下地処理剤使用前です。

nishiyama
下地処理剤使用後です。

 

nishiyama nishiyama
仕上げ塗料使用前です。 仕上げ塗料使用後です。


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
 H様邸 では アステックペイントジャパン「シリコンフレックスⅡ」 塗料を使用しました。



 

 H様邸 外壁 屋根塗装 工事   完成


nishiyama

nishiyama
外壁屋根塗装 完成です。

H様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

外壁塗装 M様邸 無機塗料施工事例

外壁塗装の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装  ベランダ防水 スーパームキコート 築 10 年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥1,000,000
ハウスメーカー GLhome
【掲載番号 2018090100 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁① 19-80F 付帯部: 15-20B(茶)  軒天: N-87 )

nishiyama

ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗装です。



外壁塗装工事 施工前

nishiyama




 

サイディング工事


nishiyama
施工前です。

nishiyama
浮き直しです。

 


nishiyama
パテです。

nishiyama
完了です。


日本の家屋の実に70%以上の建物に窯業サイディングが使われています。この窯業系サイディング毎日伸び縮みしているのはご存知でしょうか? 「トースト現象」と言って昼間直射日光にさらされる部分はサイディング事態が熱を帯び温度の上昇とともに膨張します。日が沈み夜になると熱せられたサイディングが冷えてくると今度は元の大きさに戻っていきます。 こうした現象からサイディングを固定している金物や釘が緩んでいきサイディングの浮き上がりの原因となります。また浴室の窓下や北面には湿気が溜まりやすく適切な防水処理、 通気が取れていないとサイディング事態が慢性的に水分を含むことで外壁材事態の劣化がひどい場合には部分的な張替えも必要となる場合があります。


コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) ジョイントエンペラー 使用


nishiyama
施工前です。

nishiyama
既設撤去します。

 


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
コーキング充填します。

 


nishiyama
へらで押さえ込みます。
nishiyama
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入です。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌です。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。


 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( スーパームキコート )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。


 

外壁塗装② (スーパームキコート )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。



 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。


 

付帯部塗装(鼻隠し塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒樋の付いている部分を鼻隠し(ハナカクシ)と言います。鼻隠しは軒樋に隠れるため比較的劣化しにくい場所ですが木製の場合は塗装してもすぐに劣化してしまうため、この部分については塗装よりも ガルバリウム鋼板などでカバー工法を用いることで、より長持ちさせることが可能です。予算的にもそれほど高額ではないためカバー工法をおすすめします。


 

付帯部塗装(シャッターボックス塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。


 

付帯部塗装(水切り塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


水切りとはサイディングなどの外壁材を貼り付ける前に取り付ける部材で、万が一外壁材の中に水分が侵入してもサイディングの最下部から建物外部に水分を排出させるための部材です。 ガルバリウム鋼板製のものがほとんどですが取り付けられていない建物も存在します。稀に見受けられるのがこの部分にコーキングを打ってしまっている案件。良かれと思って施工したのでしょうがこれでは 逆効果どころか建物の劣化を促進させてしまう大きな要因となりますので注意して下さい。この水切りを外壁と同じ色に塗装することで手間が省けますが見た目としてはあまり宜しくありませんので手間はかかりますが刷毛で綺麗に塗装することで美観性も保たれます。


 

材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
下地処理剤です。

nishiyama
仕上げ塗料です。

 


nishiyama
下地処理剤です。

nishiyama
下地処理剤です。


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
刈谷市   GLhome   M様邸 では ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗料を使用しました。


 

ベランダ防水塗装


nishiyama
施工前です。

nishiyama
プライマー塗布します。

 


nishiyama
トップコート塗布します。

nishiyama
完了です。


防水工事には大きく分けて密着工法と絶縁工法が有り、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水、FRP防水など様々です。どれが優れているということではなく新築時にどのような材料、工法で施工されているかによってリフォームする際にまた劣化の状態や勾配の有無によってもリフォームの手段が変わってきますので表面だけ綺麗にする場合と下地から作りなおす場合と工事は選別されます。ベランダでは通常必要ありませんが面積が大きくなると脱気筒と言われる空気抜きが必要になる場合もあります。


 

外壁塗装工事   完成

nishiyama
外壁塗装 完成です。

M様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

外壁塗装 I様邸 シリコン塗料施工事例

外壁塗装の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装 シリコンフレックスⅡ  築 10 年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥1,300,000
ハウスメーカー 株式会社エヌ・エー・ピー
【掲載番号 2018040064 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁:22-85A 付帯部:22-85A   軒天:22-85A )


nishiyama

nishiyama

アステックペイントジャパン「シリコンフレックスⅡ」 塗装です。



外壁塗装工事 施工前


nishiyama

nishiyama



足場設置


nishiyama
施工中です。

nishiyama
設置完了です。


仮設足場設置工事です。作業の安全性を確保することは勿論のこと
近隣への塗料飛散なども防止するために必要な工事です。


 

サイディング工事


nishiyama
施工前です。

nishiyama
浮き直しです。

 


nishiyama
パテです。

nishiyama
完了です。


日本の家屋の実に70%以上の建物に窯業サイディングが使われています。この窯業系サイディング毎日伸び縮みしているのはご存知でしょうか? 「トースト現象」と言って昼間直射日光にさらされる部分はサイディング事態が熱を帯び温度の上昇とともに膨張します。日が沈み夜になると熱せられたサイディングが冷えてくると今度は元の大きさに戻っていきます。 こうした現象からサイディングを固定している金物や釘が緩んでいきサイディングの浮き上がりの原因となります。また浴室の窓下や北面には湿気が溜まりやすく適切な防水処理、 通気が取れていないとサイディング事態が慢性的に水分を含むことで外壁材事態の劣化がひどい場合には部分的な張替えも必要となる場合があります。



 

コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) ジョイントエンペラー 使用


nishiyama
施工前です。

nishiyama
既設撤去します。

 


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
コーキング充填します。

 


nishiyama
へらで押さえ込みます。

nishiyama
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入です。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌です。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。


 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( シリコンフレックスⅡ )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
サーフ塗布です。

 


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 


nishiyama
 
完了です。  


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。



 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。


 

付帯部塗装(鼻隠し塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒樋の付いている部分を鼻隠し(ハナカクシ)と言います。鼻隠しは軒樋に隠れるため比較的劣化しにくい場所ですが木製の場合は塗装してもすぐに劣化してしまうため、この部分については塗装よりも ガルバリウム鋼板などでカバー工法を用いることで、より長持ちさせることが可能です。予算的にもそれほど高額ではないためカバー工法をおすすめします。


 

付帯部塗装(庇塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


庇は鋼板製のものが多く、雨戸やシャッターボックスと同様に塗装します。中には雨だれが庇の上に落ちて「トントン」という音が気になる場合は特殊な塗料を使用することで不快な音を軽減することが可能です。時々ハウスメーカーに見られる 塩ビ鋼板を使用している場合は通常の下処理では剥離の原因となるため専用のプライマー処理をした後に塗装をします。


 

付帯部塗装(水切り塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


水切りとはサイディングなどの外壁材を貼り付ける前に取り付ける部材で、万が一外壁材の中に水分が侵入してもサイディングの最下部から建物外部に水分を排出させるための部材です。 ガルバリウム鋼板製のものがほとんどですが取り付けられていない建物も存在します。稀に見受けられるのがこの部分にコーキングを打ってしまっている案件。良かれと思って施工したのでしょうがこれでは 逆効果どころか建物の劣化を促進させてしまう大きな要因となりますので注意して下さい。この水切りを外壁と同じ色に塗装することで手間が省けますが見た目としてはあまり宜しくありませんので手間はかかりますが刷毛で綺麗に塗装することで美観性も保たれます。


 

付帯部塗装(笠木塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


 

付帯部塗装(木部板塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。



 

材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
使用前です。
 

 


nishiyama
使用後です。

nishiyama
使用後です。

 


nishiyama
nishiyama
使用前です。 使用後です。

 

nishiyama nishiyama
使用前です。 使用後です。


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
I様邸 では アステックペイントジャパン「シリコンフレックスⅡ」 塗料を使用しました。



 

I様邸   外壁塗装 工事   完成


nishiyama

nishiyama
外壁塗装 完成です。

I様邸、お世話になりました。

ありがとうございました!

外装リフォーム工事 Y様邸 無機塗料施工事例

外装リフォーム工事の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装  屋根 カバー工法/重ね葺き スーパームキコート 築15年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥2,100,000
ハウスメーカー 中尾一級建築事務所
【掲載番号 2018050052 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁① 22-85C ② クリヤー 付帯部: N-87(白) 軒天: N-87 )


nishiyama

nishiyama

ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗装です。



外壁塗装工事 施工前


nishiyama

nishiyama




 

サイディング工事


nishiyama
施工前です。

nishiyama
パテです。

 

nishiyama
完了です。


日本の家屋の実に70%以上の建物に窯業サイディングが使われています。この窯業系サイディング毎日伸び縮みしているのはご存知でしょうか? 「トースト現象」と言って昼間直射日光にさらされる部分はサイディング事態が熱を帯び温度の上昇とともに膨張します。日が沈み夜になると熱せられたサイディングが冷えてくると今度は元の大きさに戻っていきます。 こうした現象からサイディングを固定している金物や釘が緩んでいきサイディングの浮き上がりの原因となります。また浴室の窓下や北面には湿気が溜まりやすく適切な防水処理、 通気が取れていないとサイディング事態が慢性的に水分を含むことで外壁材事態の劣化がひどい場合には部分的な張替えも必要となる場合があります。



 

コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) ジョイントエンペラー 使用


nishiyama
施工前です。

nishiyama
既設撤去します。

 


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
コーキング充填します。

 


nishiyama
へらで押さえ込みます。
nishiyama
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入です。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌です。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。


 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( スーパームキコート )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。



 

外壁塗装① ( スーパームキコートクリヤー )

nishiyama nishiyama
施工前です。 仕上げ塗装1回目です。

 

nishiyama nishiyama
仕上げ塗装2回目です。 完了です。


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。


 

外壁塗装② ( スーパームキコートクリア )


nishiyama
シーラー塗布です。

nishiyama
サーフ塗布です。

 


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。



 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。



 

付帯部塗装 (破風塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


切妻の建物の妻側を破風(ハフ)と言います。 文字とおり風を破ると書きますのでそれだけ風当たりが強く風雨、紫外線にさらされるため劣化も著しい場合が多く見受けられます。 築年数の古い建物には木製のものが多く最近では窯業サイディング系や金属系もあります。木製の場合造膜系の塗料ではすぐに剥がれてしまうため専用の塗料で塗装する必要がありますがそれでも劣化が早いためガルバリウム鋼板などで包むことをお薦めします。


 

付帯部塗装(シャッターボックス塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。


 

付帯部塗装 (帯塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


帯に使われている材質も様々ですので塗装できる場合とそうでない場合も存在します。 この部分は裏側に水が回りやすく適切な処置を施した後に塗装が必要です。また劣化が激しい場合などは交換や上から被せるカバー工法などをおすすめします



 

付帯部塗装(水切り塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


水切りとはサイディングなどの外壁材を貼り付ける前に取り付ける部材で、万が一外壁材の中に水分が侵入してもサイディングの最下部から建物外部に水分を排出させるための部材です。 ガルバリウム鋼板製のものがほとんどですが取り付けられていない建物も存在します。稀に見受けられるのがこの部分にコーキングを打ってしまっている案件。良かれと思って施工したのでしょうがこれでは 逆効果どころか建物の劣化を促進させてしまう大きな要因となりますので注意して下さい。この水切りを外壁と同じ色に塗装することで手間が省けますが見た目としてはあまり宜しくありませんので手間はかかりますが刷毛で綺麗に塗装することで美観性も保たれます。


 

材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
使用前です。

nishiyama
使用後です。

 


nishiyama
使用前です。

nishiyama
使用後です。

 

nishiyama nishiyama
使用前です。 使用後です。


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
Y様邸 では ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗料を使用しました。


 

ベランダ防水工事


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
プライマー塗布です。

 


nishiyama
トップコート塗布します。

nishiyama
完了です。


防水工事には大きく分けて密着工法と絶縁工法が有り、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水、FRP防水など様々です。どれが優れているということではなく新築時にどのような材料、工法で施工されているかによってリフォームする際にまた劣化の状態や勾配の有無によってもリフォームの手段が変わってきますので表面だけ綺麗にする場合と下地から作りなおす場合と工事は選別されます。ベランダでは通常必要ありませんが面積が大きくなると脱気筒と言われる空気抜きが必要になる場合もあります。



屋根カバー工法


nishiyama
施工前です。

nishiyama
棟撤去します。

 


nishiyama
ルーフィングです。

nishiyama
役物施工です。

 

nishiyama
完了です。


カラーベストやコロニアルと言われるスレート葺の屋根に多く施工されます。陶器瓦やセメント瓦 からの葺き替えにも使用できます。ガルバリウム鋼板製のためサビの発生が非常に少なく一度施工すれば30年は大丈夫というすぐれものです。
また重量も非常に軽く屋根への負担も少ないのが特徴です。 表面処理に焼付け塗装が施されており高級なものはメーカーの20年赤錆保証がつくものも有ります。断熱効果の高いカバー工法を用いることで、スレート屋根にありがちな夏場の2階に熱がこもる現象も軽減できます。 ただしコストが掛かるため予算や築年数を踏まえて検討されると良いと思います。


 

外装リフォーム工事 Y様邸 無機塗料施工事例


nishiyama

nishiyama
外装リフォーム工事 完成です。

Y様邸、お世話になりました。

ありがとうございました!

 

外装リフォーム工事 H様邸 無機塗料施工事例

外装リフォーム工事の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装 ベランダ防水 屋根 カバー工法/重ね葺き スーパームキコート 築12年
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 ¥1,950,000
ハウスメーカー 工務店
【掲載番号 2018060046 】

外壁塗装工事 完成写真(外壁① N-85 ② N-25   付帯部: 22-50B   軒天: N-87 )


nishiyama

nishiyama

ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗装です。



外壁塗装工事 施工前


nishiyama

nishiyama



 

サイディング工事


nishiyama
施工前です。

nishiyama
パテです。

 

nishiyama
完了です。


日本の家屋の実に70%以上の建物に窯業サイディングが使われています。この窯業系サイディング毎日伸び縮みしているのはご存知でしょうか? 「トースト現象」と言って昼間直射日光にさらされる部分はサイディング事態が熱を帯び温度の上昇とともに膨張します。日が沈み夜になると熱せられたサイディングが冷えてくると今度は元の大きさに戻っていきます。 こうした現象からサイディングを固定している金物や釘が緩んでいきサイディングの浮き上がりの原因となります。また浴室の窓下や北面には湿気が溜まりやすく適切な防水処理、 通気が取れていないとサイディング事態が慢性的に水分を含むことで外壁材事態の劣化がひどい場合には部分的な張替えも必要となる場合があります。



 

コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) ジョイントエンペラー 使用


nishiyama
施工前です。

nishiyama
既設撤去します。

 


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
コーキング充填します。

 


nishiyama
へらで押さえ込みます。
nishiyama
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。



 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( スーパームキコート )


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 

nishiyama
完了です。


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。


 

外壁塗装② ( スーパームキコート )


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 

nishiyama
完了です。



 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

 

nishiyama
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。



 

付帯部塗装 (破風塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


切妻の建物の妻側を破風(ハフ)と言います。 文字とおり風を破ると書きますのでそれだけ風当たりが強く風雨、紫外線にさらされるため劣化も著しい場合が多く見受けられます。 築年数の古い建物には木製のものが多く最近では窯業サイディング系や金属系もあります。木製の場合造膜系の塗料ではすぐに剥がれてしまうため専用の塗料で塗装する必要がありますがそれでも劣化が早いためガルバリウム鋼板などで包むことをお薦めします。


 

付帯部塗装(シャッターボックス塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。


15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。


 

付帯部塗装(擁壁塗装)


nishiyama
シーラー塗布です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。

 


材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
下地処理剤です。

nishiyama
仕上げ塗料です。


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
H様邸 では ジャパンカーボライン「スーパームキコート」 塗料を使用しました。


 

ベランダ防水工事


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
トップコート塗布です。

 

nishiyama
完了です。


防水工事には大きく分けて密着工法と絶縁工法が有り、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水、FRP防水など様々です。どれが優れているということではなく新築時にどのような材料、工法で施工されているかによってリフォームする際にまた劣化の状態や勾配の有無によってもリフォームの手段が変わってきますので表面だけ綺麗にする場合と下地から作りなおす場合と工事は選別されます。ベランダでは通常必要ありませんが面積が大きくなると脱気筒と言われる空気抜きが必要になる場合もあります。

 

屋根カバー工法

nishiyama
施工前です。
nishiyama
棟撤去します。

 

nishiyama
ルーフィングです。
nishiyama
屋根材取り付けです。

 

nishiyama
屋根材取り付けです。
nishiyama
役物施工です。

 

nishiyama nishiyama
役物施工です。 完了です。


カラーベストやコロニアルと言われるスレート葺の屋根に多く施工されます。陶器瓦やセメント瓦 からの葺き替えにも使用できます。ガルバリウム鋼板製のためサビの発生が非常に少なく一度施工すれば30年は大丈夫というすぐれものです。
また重量も非常に軽く屋根への負担も少ないのが特徴です。 表面処理に焼付け塗装が施されており高級なものはメーカーの20年赤錆保証がつくものも有ります。断熱効果の高いカバー工法を用いることで、スレート屋根にありがちな夏場の2階に熱がこもる現象も軽減できます。 ただしコストが掛かるため予算や築年数を踏まえて検討されると良いと思います。



 

外装リフォーム工事 H様邸 完成


nishiyama

nishiyama
外装リフォーム工事 完成です。

H様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

スーパームキコート 外壁屋根塗装 T様邸

外壁屋根塗装施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。サイドメニューに地域別、塗料別でも事例検索できますので参考にしてください。

リフォーム内容 外壁塗装 屋根塗装 ベランダ防水工事
リフォーム期間 3週間
リフォーム金額 2,900,000
ハウスメーカー 一般工務店
【掲載番号 2018010047】

外壁塗装工事 完成写真(外壁①19-80C ②クリヤー 付帯部:N-15 軒天:N-87 )


nishiyama

nishiyama

ジャパンカーボライン「スーパームキコート」塗装です。



外壁塗装工事 施工前


nishiyama

nishiyama




 

コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) 使用


nishiyama
施工前です

nishiyama
既設撤去します。

 


nishiyama
プライマー塗布します。

nishiyama
コーキング充填します。

 


nishiyama
へらで押さえ込みます。

nishiyama
完了です。

 

nishiyama nishiyama
コーキング材使用前です。 コーキング材使用後です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。



 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)


nishiyama
バイオ洗浄原液混入です。

nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌です。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。

 


nishiyama
バイオ洗浄塗布です。

nishiyama
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。



 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① ( スーパームキコート)


nishiyama
施工前です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。



 

外壁塗装② (スーパームキコートクリヤー)


nishiyama
施工前です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。



 

付帯部塗装(軒天塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。



 

付帯部塗装(雨樋塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。



 

付帯部塗装(鼻隠し塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


軒樋の付いている部分を鼻隠し(ハナカクシ)と言います。鼻隠しは軒樋に隠れるため比較的劣化しにくい場所ですが木製の場合は塗装してもすぐに劣化してしまうため、この部分については塗装よりも ガルバリウム鋼板などでカバー工法を用いることで、より長持ちさせることが可能です。予算的にもそれほど高額ではないためカバー工法をおすすめします。


 

付帯部塗装(シャッターボックス塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。


 

付帯部塗装 (帯塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


帯に使われている材質も様々ですので塗装できる場合とそうでない場合も存在します。 この部分は裏側に水が回りやすく適切な処置を施した後に塗装が必要です。また劣化が激しい場合などは交換や上から被せるカバー工法などをおすすめします


 

付帯部塗装(水切り塗装)


nishiyama
ケレン作業です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


水切りとはサイディングなどの外壁材を貼り付ける前に取り付ける部材で、万が一外壁材の中に水分が侵入してもサイディングの最下部から建物外部に水分を排出させるための部材です。 ガルバリウム鋼板製のものがほとんどですが取り付けられていない建物も存在します。稀に見受けられるのがこの部分にコーキングを打ってしまっている案件。良かれと思って施工したのでしょうがこれでは 逆効果どころか建物の劣化を促進させてしまう大きな要因となりますので注意して下さい。この水切りを外壁と同じ色に塗装することで手間が省けますが見た目としてはあまり宜しくありませんので手間はかかりますが刷毛で綺麗に塗装することで美観性も保たれます。


 

屋根塗装 ( 断熱塗料ガイナ )


nishiyama
施工前です。

nishiyama
タスペーサー挿入です。

 


nishiyama
シーラー塗布1回目です。

nishiyama
シーラー塗布2回目です。

 


nishiyama
シーラー塗布3回目です。

nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 


nishiyama
仕上げ塗装2回目です。

nishiyama
完了です。


屋根材には陶器瓦、金属瓦、セメント瓦、スレート瓦などがありますが、カラーベストはスレート屋根材に分類されます。施工には一般的に塗装が用いられるケースが多く見受けられますが注意点がいくつもあります。 洗浄後の下処理が万全に行われていないと数年で塗膜が剥がれてきます。また塗装することでカラーべストとカラーベストの間の通気層が塞がれてしまうことで屋根裏の湿気を外部に排出することができなくなり下地が腐ってしまう場合もあります。 こうした不具合を避けるためタスペーサ等を用いて通気層を確保した後塗装をする必要があります。 またカラーベストの中には塗装できない(塗装しても基材から剥がれてしまう)ものも存在しますのでどのようなメーカーのものが使用されているかなどの確認作業も必要です。 近年ではノンアス(アスベストを使用していない)タイプのスレート瓦が使われていますが以前はアスベストが含有されているものが主流でしたので葺き替えなどの際には廃棄処分にも注意が必要です。



材料検収 (実際に使った材料を残します)


nishiyama
下地処理剤使用前です。

nishiyama
下地処理剤使用後です。

 


nishiyama
仕上げ塗料使用前です。

nishiyama
仕上げ塗料使用後です。

 

nishiyama nishiyama
仕上げ塗料使用前です。 仕上げ塗料使用後です。


官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 
安城市 T様邸 では 塗料を使用しました。



 

ベランダ防水工事


nishiyama
タイル撤去・洗浄です。

nishiyama
清掃・ケレン作業です。

 


nishiyama
北面シート貼り 溶着です。

nishiyama
シート貼り 溶着です。

 


nishiyama
溶着です。

nishiyama
溶着です。

 

nishiyama nishiyama
Uシール充填です。 シーリングです。

 

nishiyama nishiyama
グレーチング戻しです。 グレーチング戻しです。

 

 

nishiyama  
完了です。  


防水工事には大きく分けて密着工法と絶縁工法が有り、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水、FRP防水など様々です。どれが優れているということではなく新築時にどのような材料、工法で施工されているかによってリフォームする際にまた劣化の状態や勾配の有無によってもリフォームの手段が変わってきますので表面だけ綺麗にする場合と下地から作りなおす場合と工事は選別されます。ベランダでは通常必要ありませんが面積が大きくなると脱気筒と言われる空気抜きが必要になる場合もあります。


 

T様邸  外壁屋根塗装工事   完成


nishiyama

nishiyama
完成です。

T様邸 、お世話になりました。

ありがとうございました!

セキスイハイムの 外壁塗装  ベランダ防水 屋根塗装の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。

リフォーム内容 外壁塗装  ベランダ防水  屋根塗装 断熱塗料ガイナ 築23年
リフォーム期間 5週間
リフォーム金額 ¥2,550,420
ハウスメーカー セキスイハイム
【掲載番号2018060039】

外壁塗装工事 完成写真(外壁:25-70C 付帯部:N-15(黒) 軒天:25-70C)

セキスイハイム
A様のご紹介からお問合わせです。

外壁塗装  ベランダ防水  屋根塗装 セキスイハイム K様邸です。

日進産業「断熱塗料ガイナ」塗装です。



外壁塗装工事 施工前

セキスイハイム



足場設置

セキスイハイム
施工中です。


仮設足場設置工事です。作業の安全性を確保することは勿論のこと
近隣への塗料飛散なども防止するために必要な工事です。


 

コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です)

セキスイハイム
施工前です。
セキスイハイム
既設撤去します。

 

セキスイハイム
プライマー塗布します。
セキスイハイム
コーキング充填します。

 

セキスイハイム
へらで押さえ込みます。
セキスイハイム
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)

セキスイハイム
バイオ洗浄原液混入。
セキスイハイム
バイオ洗浄原液撹拌。

 

セキスイハイム
バイオ洗浄塗布です。
セキスイハイム
高圧洗浄します。

 

セキスイハイム
バイオ洗浄塗布です。

 

人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。

 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装(断熱塗料ガイナ)

セキスイハイム
サーフ塗布です。
セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。


 

付帯部塗装(軒天塗装)

セキスイハイム
ケレン作業です。
セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。


軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)とも表現します。外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力があり目地や釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。

 

付帯部塗装(雨樋塗装)

セキスイハイム
ケレン作業です。
セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。
セキスイハイム
完了です。


雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 軒樋の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。
雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。


 

付帯部塗装 (破風塗装)

セキスイハイム
ケレン作業です。
セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。
セキスイハイム
完了です。


切妻の建物の妻側を破風(ハフ)と言います。 文字とおり風を破ると書きますのでそれだけ風当たりが強く風雨、紫外線にさらされるため劣化も著しい場合が多く見受けられます。 築年数の古い建物には木製のものが多く最近では窯業サイディング系や金属系もあります。木製の場合造膜系の塗料ではすぐに剥がれてしまうため専用の塗料で塗装する必要がありますがそれでも劣化が早いためガルバリウム鋼板などで包むことをお薦めします。

 

付帯部塗装(雨戸塗装)

セキスイハイム
ケレン作業です。
セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。
セキスイハイム
完了です。


雨戸はフレームがアルミ、波板部分が鉄製という構造が一般的です。鋼板部分はケレン作業(目荒し)の後、サビが出ている場合は錆止め処理を行った後、仕上げ塗装に入ります。 表面が平滑なため刷毛ムラを出さないように吹き付け塗装をすることが一般的です。但しアルミ部分は基本的に塗装ができないためフレームはそのまま使用します。 シャッターの場合は上げ下げの際に鉄部同士が擦れるため特別な要望のない限り塗装はしません。シャッターボックスのみ塗装します。

 

付帯部塗装 (帯塗装)

セキスイハイム
サーフ塗布です。
セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。
セキスイハイム
完了です。


帯に使われている材質も様々ですので塗装できる場合とそうでない場合も存在します。 この部分は裏側に水が回りやすく適切な処置を施した後に塗装が必要です。また劣化が激しい場合などは交換や上から被せるカバー工法などをおすすめします

 

付帯部塗装(基礎塗装)

セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。
セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。

 

セキスイハイム
完了です。


基礎は鉄筋コンクリート製ですがコンクリート事態は水を吸いますので慢性的な水分吸収があるとコンクリート内にある鉄筋が腐食し錆による鉄筋の膨張により基礎の爆裂が起きる危険性があります。 こうした現象をコンクリートの中性化と言い本来コンクリートはアルカリ性ですが酸性雨や水分による鉄筋の腐食でアルカリ性からpH値が下がることで急激に強度を失ってしまいます。 こうした現象を少しでも抑えるように基礎コンクリートの表面保護として専用の塗装工事が必要となるのですね。

 

付帯部塗装(スリムダクト塗装)

セキスイハイム
施工前です。
セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。
セキスイハイム
完了です。



 

付帯部塗装(笠木塗装)

セキスイハイム
ケレン作業です。
セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。
セキスイハイム
完了です。



 

屋根塗装 (スーパームキコート)

セキスイハイム
施工前です。
セキスイハイム
シーラー塗布1回目です。

 

セキスイハイム
シーラー塗布2回目です。
セキスイハイム
仕上げ塗装1回目です。

 

セキスイハイム
仕上げ塗装2回目です。
セキスイハイム
完了です。


屋根材には陶器瓦、金属瓦、セメント瓦、スレート瓦などがありますが、カラーベストはスレート屋根材に分類されます。施工には一般的に塗装が用いられるケースが多く見受けられますが注意点がいくつもあります。 洗浄後の下処理が万全に行われていないと数年で塗膜が剥がれてきます。また塗装することでカラーべストとカラーベストの間の通気層が塞がれてしまうことで屋根裏の湿気を外部に排出することができなくなり下地が腐ってしまう場合もあります。 こうした不具合を避けるためタスペーサ等を用いて通気層を確保した後塗装をする必要があります。 またカラーベストの中には塗装できない(塗装しても基材から剥がれてしまう)ものも存在しますのでどのようなメーカーのものが使用されているかなどの確認作業も必要です。 近年ではノンアス(アスベストを使用していない)タイプのスレート瓦が使われていますが以前はアスベストが含有されているものが主流でしたので葺き替えなどの際には廃棄処分にも注意が必要です。



 

材料検収 (実際に使った材料を残します)

セキスイハイム
仕上げ塗料です。
セキスイハイム
使用後です。

官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。

セキスイハイム K様邸では日進産業「断熱塗料ガイナ」塗料を使用しました。

 

ベランダ防水工事

セキスイハイム
室外機移動・足場撤去・掃除です。
セキスイハイム
プライマー塗布します。

 

セキスイハイム
ウレタン防水塗布1回目。
セキスイハイム
ウレタン防水塗布2回目。

 

セキスイハイム
トップコート塗布。
セキスイハイム
室外機戻し・敷物復旧です。


防水工事には大きく分けて密着工法と絶縁工法が有り、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水、FRP防水など様々です。どれが優れているということではなく新築時にどのような材料、工法で施工されているかによってリフォームする際にまた劣化の状態や勾配の有無によってもリフォームの手段が変わってきますので表面だけ綺麗にする場合と下地から作りなおす場合と工事は選別されます。ベランダでは通常必要ありませんが面積が大きくなると脱気筒と言われる空気抜きが必要になる場合もあります。


 

セキスイハイム K様邸 外壁塗装  ベランダ防水  屋根塗装工事 完成

セキスイハイム
外壁塗装  ベランダ防水  屋根塗装完成です。

セキスイハイム 外壁塗装  ベランダ防水  屋根塗装 K様邸、お世話になりました。

ありがとうございました!

 

松井建設 外壁塗装  ベランダ防水  屋根 カバー工法/重ね葺き  谷樋板金工事の施工事例です。
各工程を時系列に配置してあり、施工手順や価格、塗料の種類、工法など出来る限り細かく掲載しています。

リフォーム内容 外壁塗装  ベランダ防水  屋根 カバー工法/重ね葺き  谷樋板金工事 断熱塗料ガイナ 築22年
リフォーム期間 5週間
リフォーム金額 ¥1,430,000
ハウスメーカー 松井建設
【掲載番号2018060036】

外壁塗装工事 完成写真(外壁①27-60F②25-75A 付帯部:15-20B(茶) 軒天:N-87)

nishiyama
ホームページからお問合わせです。

外壁塗装  ベランダ防水  屋根 カバー工法/重ね葺き  谷樋板金工事 松井建設 O様邸です。

日進産業「断熱塗料ガイナ」塗装です。



外壁塗装工事 施工前

nishiyama



足場設置

nishiyama
施工中です。
nishiyama
設置完了です。


仮設足場設置工事です。作業の安全性を確保することは勿論のこと
近隣への塗料飛散なども防止するために必要な工事です。


 

コーキング工事(外壁の目地のシーリング打ち替え工事です)

nishiyama
施工前です。
nishiyama
プライマー塗布します。

 

nishiyama
コーキング充填します。
nishiyama
へらで押さえ込みます。

 

nishiyama
完了です。


最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。
塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。
そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。


 

バイオ洗浄(特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします)

nishiyama
バイオ洗浄原液混入。
nishiyama
バイオ洗浄原液撹拌。

 

nishiyama
バイオ洗浄塗布です。
nishiyama
高圧洗浄します。

 

nishiyama
高圧洗浄します。


人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。水洗いのみ(高圧洗浄)で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。


 

バイオ洗浄とは?


※音が出ますのでご注意下さい。

 

外壁塗装① (断熱塗料ガイナ)

nishiyama
サーフ塗布です。
nishiyama
仕上げ塗装1回目です。

 

nishiyama
仕上げ塗装2回目です。
nishiyama
完了です。


現在ではほとんどの場合ローラーで施工します。外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。
ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。
3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。
ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。


 

外壁塗装②(断熱塗料ガイナ)